彼氏持ち女性に避けられるのはごめん避け?好き避けとは違って略奪は難しい?

Pocket

 

「彼氏持ち女性から避けられてる気が…。もしかして嫌われてる…?」

彼氏がいる好きな女性からどうも避けられている気がしてならないといった場合、あなたは当然、気になってしまいますよね。

 

このまま避けられてしまっては、略奪はおろか距離を縮めることもままならないので、どうにかして仲良く会話ができるように持っていきたいもの。

しかし、避けられているからと言って嫌われていると判断してしまうのは早いと言えるでしょう。

 

なぜなら、彼氏持ち女性があなたを避けるのは別の理由である可能性が考えられるから。

では、好きな女性から避けられてしまう理由には、一体どのようなものがあると思いますか?

 

例えば、女性が避ける理由として「好き避け」だったり「ごめん避け」というものがあり、彼氏持ち女性の場合は後者の「ごめん避け」である確率が高いと考えられます。

ですが、もしかしたらあなたは「いや、そもそもごめん避けって何だよ」と思っているかもしれませんね。

 

そこで今回は、彼氏持ち女性が男性を避ける理由のひとつ「ごめん避け」についてと、そこからの略奪は可能かどうかを徹底解説していきますので、しっかりと把握して冷静に対処していきましょう。

 

彼氏持ち女性に避けられる「ごめん避け」とは?「好き避け」とは何が違う?

ごめん避けとは

「好き避け」はなんとなく分かるけど、さっきから出てくる「ごめん避け」とは一体どういう意味なのか?

そんな風に疑問を浮かべているあなたに向けて、これから違いをお伝えします。

 

「ごめん避け」とは、男性から好意を持たれていると気付いた女性が、その男性を避けるような態度をとること。

そして、「好きになってくれるのは嬉しいけど、あなたの気持ちには応えられない」といった心情を持っているのが特徴。

 

つまり、嫌いではないものの、彼氏もいるし恋愛感情を持つことはできないと暗に伝えているのです。

男性からアプローチをされる前に女性の方から遠ざかることで、相手から告白されずとも「ごめんなさい」という気持ちを態度で表しているというわけですね。

 

ごめん避けをする女性は、できれば相手の男性を傷付けたくないと思っています。

だって、もし告白をしてきて断ったら、その男性をもっと傷付けてしまうじゃないですか。

 

なので、先に女性が避けることで自然に諦める方向へと持っていこうとしているのです。

そこには断るのが申し訳ないという気持ちや、今の関係がこれ以上気まずくならないようにしたいという女性の思いがある、というわけですね。

 

好き避けとの違い

まず、好き避けというのは男性を避けるという態度自体は同じなのですが、その根本にある感情が「ごめん避け」とは違います。

好き避けはその名の通り、男性のことを「好き」であり、要するに「好きだから避けてしまう」という状態。

 

女性自身の好きという気持ちが相手の男性や周囲に悟られるのが恥ずかしいため、それを隠すために避けてしまうのですね。

つまり、好き避けとごめん避けの違いというのは単純で、女性自身の気持ちとしての「好き」か「ごめんなさい」を表していると言えるでしょう。

 

また、避けるという行動ひとつにしても違いはあります。

ひとことで言えば、「他に誰もいない状態であなたが近付いた時に、すぐにその場を離れようとするかどうか」です。

 

普通の感情として、好きな相手が近付いてきたら少しでも長く一緒に過ごしたいと思いますよね。

なので、好き避けの場合はあなたが近付いてもすぐには離れようとしません。

 

なぜなら先ほども述べたように、好き避け女性は自分の気持ちを悟られるのが恥ずかしいわけです。

それなのに、あなたが近付いてきたからと言って露骨に避けたら、逆に不自然に思われるじゃないですか。

 

恥ずかしいので避けたいという気持ちはありつつも、意識してない素振りを見せるために、あえてすぐには離れないという心理が働いてると考えられるでしょう。

 

一方でごめん避けの場合、あなたと二人きりになるのをなるべく避けようとします。

そこには、やはり気持ちに応えられないという思いや、あなたに期待させまいとする思いがあり、あえて素っ気ない態度を取るのです。

 

もちろんあなたのことが嫌いというわけでないので、会話をしないということはなく、むしろ複数人でいる時には普通だったりします。

しかし、既に彼氏がいて恋愛感情を抱くことができないため、二人きりはあえて避けるように行動してしまう、それが「ごめん避け」というものです。

 

彼氏持ち女性に避けられる「ごめん避け」の場合、略奪は不可能なのか?

 

彼氏持ち女性からごめん避けをされてしまっている場合、仲良くなろうとしても避けられてしまいます。

これでは一向に距離が縮まらないため、略奪なんて到底無理だと思ってしまいますよね。

 

しかし諦める必要はありません。たとえごめん避けをされていたとしても、まったくチャンスがないわけではないのです。

 

ごめん避けが「嫌われているサインではない」というのは、先ほども伝えたかと思います。

そもそも、何がごめん避けを引き起こしているのかと言えば、あなたの好きという気持ちが女性に悟られているというのが問題なのです。

 

逆に言うと、それに気付かれなければ他の人たちと同様、普通に接してもらえることができるわけですよね。

とはいえ、既に気持ちを悟られている場合、どうすればいいか悩んでしまうはず。

 

そんな時は、その女性と会話をした際に「実は今、いい感じの相手がいる」ということを告げてみるのも一つの手。

あなたに、実は他に特定の相手がいるとなれば、自分が好意を寄せられているのは勘違いだったと思い直すかもしれません。

 

そうなればあなたを警戒する必要もなくなるため、過剰に避けるという行為が少なくなる可能性は高いと言えるでしょう。

なので、ごめん避けをされている状態であれば、まずは一旦フラットな関係に立て直してから改めてアプローチの仕方を考えた方がオススメです。

 

なお、彼氏持ち女性への攻め方については、下記の記事を参考にしてみてください。

参考:『好きな人に彼氏がいる場合は諦めるよりも奪う!略奪愛を成功させる秘訣』

 

まとめ

 

彼氏持ち女性から避けられている場合、それは「ごめん避け」である可能性が高い。

しかし、ごめん避けをされているからといって嫌われているわけではない。

 

ここから挽回して略奪のチャンスを掴むには、まず相手の女性に対し、好きな気持ちを持っていないと思わせる必要がある。

関係を立て直すことができれば、そこから改めて正しいアプローチで攻め、略奪を成功させよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です