略奪愛に失敗!タイミングが悪かった?期間を空けて再度挑戦するのは有り?

Pocket

 

「彼氏がいる子を略奪しようとしたけど、失敗してしまった…。もうダメなのかな…?」

いざ彼氏持ち女性の略奪に挑戦してみたものの、上手くいかずに失敗してしまうというケースは少なくありません。

 

きっとこの文章を読んでいるあなたもそのような経験があるか、もしくはそんな風に失敗するのを恐れているのではないでしょうか?

しかし、物事が上手くいかないことには必ず原因があります。そして、それは大抵の場合、自分自身に問題があるものです。

 

そこで今回は「略奪愛が失敗してしまう原因」と、「略奪に失敗した後どうすれば良いのか」について詳しくお伝えしていきます。

略奪前なら原因を知ることで失敗回避ができますし、失敗後ならばリカバリー方法の参考になるかと思いますので、是非ともチェックしてみてくださいね。

 

略奪愛に失敗してしまう原因を知り、成功への道へと近付こう

略奪に対する本気度が足りない

彼氏持ち女性との略奪愛を叶えたいと思ってはいたものの、やはり成功への道はそう簡単ではありません。

そのため、途中で心が折れてしまって失敗、挫折して諦めてしまう男性も非常に多いのです。

 

しかし私から言わせれば、そうやって失敗した途端にすぐ諦めるという選択を取ってしまう時点で、好きな女性に対する想いがそこまで本気ではないように感じます。

一時的に感情が燃え上がって略奪を決意しても、事あるごとにテンションとモチベーションを下げていては上手くいくはずがないんです。

 

正しい略奪をするためには、女性をあなたに惚れさせていく必要があるわけですから、一朝一夕でなんとかできるなんて思ってはダメですよ。

地道にコツコツと信頼関係を構築し、少しずつ距離を縮めていくのが結果的に一番失敗しにくい。

 

中途半端に挑戦して失敗すると、相手からの信頼は大きく崩れてしまいます。

ですので、略奪を成功させるために「俺なら絶対にあの子を幸せにできる!」という強い意思を持って、行動と気持ちを継続していきましょう。

 

アプローチのタイミングを間違える

理想的な略奪というのは『彼氏持ちに好意を伝えるための6ステップ!片思いから略奪恋愛を成功させよう!』で詳しくお伝えしていますが、正しいアプローチの順序というものがあります。

早く略奪をしたいと焦るあまり、その手順を飛ばしてしまっては失敗するのは当然です。

 

彼氏持ち女性の略奪というのは、急げばどうにかなるというものでもありません。

充分に関係性を構築できていないうちから、いちかばちかで好意を示したり告白してしまえば、それまでの苦労も水の泡になってしまうでしょう。

 

けっして焦らず、一歩ずつ距離を縮めて親密な関係になった上でアプローチをしていってくださいね。

 

ただの浮気相手になってしまう

積極的にアプローチを行なって距離が縮まったは良いものの、次の彼氏候補としてではなく、単なる浮気相手として認識されてしまっては略奪失敗と言っても過言ではありません。

浮気相手になってしまう原因はただ1つ。相手と体の関係を持ってしまうからです。

 

彼氏がいるにも関わらず自分と体の関係を持ってくれた=略奪成功、ではないわけで、結局女性が今の彼氏と別れてくれなければ、あなたは永遠に彼氏よりも下の存在のまま。

ただセックスがしたいだけならばそれでも良いかもしれませんが、浮気というのは続ければバレるリスクは高まりますし、相手が思い直したらそこで関係は終わりなわけです。

 

その場の雰囲気に流されて体の関係を持ってしまえば、その瞬間は満たされるでしょう。

ですが、長期的に見るとマイナスの要素が大きいと言えるため、しっかりと略奪したいと思うのであれば充分に注意してくださいね。

 

彼氏を越えられていない

あなたが女性のことを本気で好きで「絶対略奪するぞ!」といくら意気込んでも、女性の彼氏よりも魅力的な存在になれなければ女性の心は動きません。

普通に考えて、今の彼氏よりレベルの低い相手にわざわざ乗り換える理由なんてないですよね?

 

彼氏持ち女性の心を動かしてあなたを選んでもらうには、実際に「乗り換えたい」と思わせるだけのメリットを提供する必要があります。

とはいえ、今の彼氏の強みとなっている部分と勝負しようとしても、なかなか勝つことは難しいでしょう。

 

なのであなたが彼氏を上回るためには、既に彼氏よりも優れている部分に魅力を感じさせるようにしていく必要があります。

そのためには、しっかりと女性から彼氏のことを聞き出しておかねばなりません。

 

彼氏に対して女性が不満に思っている部分を知り、そこを攻めることで、あなたは彼氏を越えた存在になりやすくなるわけですね。

相手が求めているものを与え続ける、これが女性の心を引き寄せるためには重要なのです。

略奪愛に失敗してしまったら?期間を空けて再度アプローチしていけば略奪のチャンスは生まれる!

 

略奪を成功させようと自分なりに頑張ってみたものの、恋愛というのは人間同士の関わり合いですので、100%上手くいくとは限りません。

ですので、中には失敗してしまうケースも少なからずあるわけですが、略奪に失敗してしまったらもう挽回は不可能なのでしょうか?

 

結論から言えば、略奪に失敗しても逆転して挽回することは充分に可能。

とはいえ、やはり一度女性からNOの返事を食らってしまった場合、すぐに再アタックしたところで成功するはずがありませんし、むしろしつこくて嫌われる可能性も高いです。

 

ですので、略奪に失敗してしまったら、まずは一旦引き下がって普通の友人として接しましょう。

その際、相手に避けられないようにするため二人きりになることは避け、恋愛の話などもあなたからは一切しないようにしてください。

 

そうして友人としての関係を取り戻したら、また徐々に親密な関係になれるように持っていくのです。

少なくとも3ヶ月以上は充分な期間を空けてから再度アプローチを仕掛けることで、略奪のチャンスは再び巡ってくるかもしれませんよ。

 

しかし、前回失敗した時と同じようなやり方だと、きっと同じように失敗してしまうはず。

それを防ぐためには、前回の略奪では何がダメだったのか、どうすべきだったのかをあなた自身でしっかりと検証し、改善していく必要があるでしょう。

 

まとめ

 

略奪愛というのは、一時の感情や勢いに任せても結局失敗してしまうことが多い。

その場の雰囲気で体の関係になれても、ただの浮気相手止まりになってしまっては今の彼氏を超えることはできない。

 

また、もしも既に略奪に失敗してしまったとしても諦めるのはまだ早い。

前回の反省を踏まえつつ、3ヶ月以上の期間を空けてから再アプローチをしていき、再び略奪のチャンスを手に入れよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です