略奪愛に失敗したくない!彼氏がいる女性に失恋した男のその後は?

Pocket

 

「彼氏がいる女性との略奪愛を成功させたいけど、もし失敗したらどうなっちゃうんだろう…?」

彼氏持ち女性との略奪愛に思いを馳せてみるものの、やはり失敗した時のことを考えてしまうと不安になってしまいますよね。

 

たしかに略奪愛というのはドラマのようにはいかず、一般的に見て成功するのが難しいイメージがあります。

また、仮に成功したとしても結局長続きしなかったりという場合は少なくありません。

 

しかし、略奪愛が失敗するのにもやはり原因があります。

世の中の略奪愛をする男女や芸能人は、その原因をしっかりと把握していないから失敗してしまうことが多いのですね。

 

では、略奪愛が失敗してしまう原因とは一体なんなのでしょうか?

また、仮に失敗してしまったら、あなたはどうすべきなのでしょうか?

 

今回はその辺りについて詳しく解説していきますので、好きな女性との略奪愛を目指しているけれども少し不安だ、という方は是非とも参考にしてみてください。

 

略奪愛に失敗したくない!彼氏がいる女性にアプローチして失恋してしまう原因とは

 

『略奪愛が失敗しやすい』というイメージは、既に結婚している相手を奪おうとするパターンが多い、というのも理由の1つと言えるでしょう。

たしかに結婚している相手を略奪するとなると、離婚をさせるというハードルを越えなければならないため、難易度は高いですよね。

 

ですが、ただの彼氏持ちの女性を略奪するのであれば、成功率は少し上がりますし、失敗した時のダメージも少ない。

とはいえ、それでもやはり失敗してしまえば辛いですし、うまくいかないケースというのは非常に多いので、しっかりと原因を把握しておく必要はあるでしょう。

 

自分に都合の良い解釈をする

略奪愛が失敗してしまう大きな要因として、ついつい自分にとって都合の良い解釈をしてしまうことです。

もちろんポジティブに物事を考えるのは良いのですが、それがただの思い込みであるなら気を付けなければいけません。

 

ただの憶測でしかないのに勝手に都合良く考えてしまえば、女性に対して間違ったアプローチをして、その結果、女性の心が離れていってしまうわけですから。

 

「◯◯してくれたから気があるに違いない」

「◯◯って言ってたのは、きっと本音は□□って意味だな」

 

こういった自分本位な誤解をし、暴走してしまう男性は驚くほど多いです。

なぜ都合の良い解釈をしてしまうのかといえば、それは誤解から生まれる『期待』が原因。

 

ここで言う『期待』とは、大した根拠もないのに先に起こることが「自分の思い通りの方向に進むだろう」という妄想のこと。

 

例えば、

『◯◯してくれた → 気があるに違いない → だから別れて自分を選んでくれるだろう』

 

のように、根拠があるようで無い『期待』によって現実が捻じ曲げられ、この期待通りに女性が動かなかっただけで「期待を裏切られた!」と感じてしまうわけです。

自分に都合の良い解釈で判断してしまうと、一瞬はうまく進んでいるように思ってしまいますが、結局は失敗への道を突き進んでいるに過ぎないので気を付けましょう。

 

本人や周囲に狙っているのがバレた

略奪愛というのは今の彼氏から女性を奪うわけですから、一般的に言えばイメージは悪いものですよね。

そんな中、あなたが女性を略奪するというのが周囲の人たちに知られてしまったらどうなるでしょうか。

 

当然、応援されるよりも反対される可能性の方が圧倒的に高いはず。

そのような孤立無援の状態では、周りに足を引っ張られるだけなので、略奪を狙っていることは誰にも知られない方が良いのです。

 

また、相手の女性に対しても気持ちがバレてしまうことで失敗に繋がってしまいます。

なぜなら、彼氏と付き合っていると知っていながら近付いてくる男性に対して、普通は警戒するものだから。

 

よほど彼氏とうまくいっていない時であれば成功する可能性もありますが、そうタイミング良く関係が悪化してくれるとも限りませんよね。

それに、あなたと女性の関係がしっかりと構築していないうちから好意を知られてしまえば、その気持ちを利用して都合の良い存在に成り下がる恐れだってあるでしょう。

 

一度そうなってしまえば、そこから逆転して成功ルートへ乗ることは簡単ではありませんし、さらに時間もかかってしまうはず。

ですので、相手にはけっしてあなたが略奪を狙っているということ、好きであるということは知られないようにしてください。

 

彼氏に敵意を露わにしてしまう

略奪愛というのは、既に付き合っているカップルから女性を奪い取る行為なわけです。

それは言わば略奪する側、つまりあなたは一般的に見て『悪役』であることを自覚しておかねばなりません。

 

そんな略奪を狙っている立場でありながら、今の彼氏に対して敵意を露わにして悪口を言ったり、「そんな彼氏早く別れた方が良いよ」などと発言してしまっては、逆に女性は不快に感じてしまうでしょう。

そういった器の小ささが垣間見える言動をすれば、それをきっかけとして女性の心は閉ざされていき、最終的には失敗に終わる可能性は高いと言えます。

 

略奪愛に失敗したくない!彼氏がいる女性に失恋した場合、その後はどうすべき?

 

もしも略奪愛に失敗してしまった場合、あなたはきっとショックで落ち込んでしまうかもしれません。

「あぁ失敗した、やっぱり自分に略奪は無理だったんだ…」と思う気持ちも分かりますが、勝負を捨てるのはまだ早いですよ。

 

実際、略奪愛というのはそう簡単に成功するものではないというのは、先ほども述べた通り。

結局のところ、失敗なんて誰もが通る道であり、失敗しないことが重要なのではありません。

 

大切なのは、『失敗した後にあなたがどうするか』ということ。

仮に略奪がうまくいかなかったとしても、あなたの考え方や行動によってはそこから逆転することも充分に可能なわけです。

 

とはいえ、略奪愛に失敗してしまうというのは、つまりは女性や周囲にあなたの思いが分かってしまうこととイコールですよね。

そうなると、略奪に失敗をした後というのは、もう一度攻めるにしてもアプローチがしにくくなってしまうのも事実。

 

振られても諦めずに挑戦するのは良いのですが、あまりにしつこければ印象は悪くなっていく一方ですし、下手したらストーカー扱いを受ける恐れも。

そのような自体を防ぐためには、一度失敗した後はしっかりと再チャレンジまでの期間を空けること。

 

一度しっかりと身を引くことで、女性や周囲からの反発や警戒心を和らげさせた方が良いのです。

具体的な期間で言えば、約3ヶ月〜半年。それぐらいの空白時間を設ければ、あなたに対するマイナスイメージも薄れていますし、もしかしたらその間に彼氏と別れるかもしれません。

 

ですが、ただ時間を置けば良いわけではありません。

考えてみれば当然ですよね、一度失敗したあなたが半年後に同じように攻めたところで、成功するわけないんです。何も変わってないんですから。

 

そこで重要になってくるのが、女性と距離を置いている間に、あなた自身が魅力的な男に変わること。

しばらく接していないうちにあなたが圧倒的な成長を遂げていれば、以前は振り向かなかった女性が「あれ?前と違う…どうしたんだろう?」と興味を持ってくれる可能性が高くなるわけです。

 

そうなれば、再チャレンジして略奪が成功する確率も前とは比べものになりませんし、「あいつなら仕方ないか」と周囲も納得感を持ってくれるでしょう。

 

まとめ

 

彼氏持ちの女性との略奪愛というのは、既婚者相手よりも失敗した時のダメージは少ないものの、やはり失敗するケースは多い。

その原因として、略奪する側が自分に都合の良い解釈をしたり、相手や周囲に気持ちがバレてしまうことが挙げられるので、しっかりと注意しておかねばならない。

 

また、仮に失敗してしまった場合、諦める必要はないが、気持ちがバレてしまっているために再アプローチがしにくくなるのも事実。

なので、まずは3ヶ月〜半年ほどしっかりと距離を置く期間を設けて、圧倒的に魅力的な男になるように自分を磨いてから再び略奪に挑戦しよう。

 

【↓ ランキング参加中ですので、クリックで応援お願いいたします!】


にほんブログ村 恋愛ブログ 略奪愛へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です